引越業者の比較と引越し料金を見積もり-引越しマスター

引越し会社、どうやって選んでますか?
「引越しマスター」なら、オンラインで気軽に引越し会社を比較できます!また、引越し費用のお見積もりも簡単です。

トップページ > 引越し検定
引越し検定【回答】
1引越の見積もりはいつごろするもの??
引越しの予定が決まった時点で見積もりを取ると良いでしょう。
早めにすることで、時期によっては安くなったり、融通がききやすくなったりします。
2引越しの準備はどれくらい前にするもの??
2〜3週間前が一般的です。
準備をするにあたり、あまり使わないものからダンボールに詰め、一つの部屋にまとめておきましょう。
3冷蔵庫の電源はいついかなる時も引越しの前日までには、中身を出して電源を切っておかなければならない??
近距離の引越しを除いて、基本的に前日、遅くても6時間前までには、中身を空にして電源を切っておきましょう。
詳しくはこちらをご覧ください。 <引越し準備前日>
4引越しの料金はいつでも一緒??
時期や、土日祝、大安などにより料金は変動します。
特に2〜5月の料金は繁忙期のため料金が高くなります。
また、土日祝、大安についても料金が高くなる為、時期を問わない引越しであれば、この時期を避けた方が、お得に引越しをすることができます。
5引越しの際、心づけは出した方がいい??
基本的に渡す必要はないですが、もしどうしても渡すならば、作業前に渡しましょう。
心づけがないからと言って手を抜かれることはないですが、場合によっては作業内容に含まれないことをしてもらえることがあります。
※引越し業者によっては心づけを禁止としている業者もあるので注意が必要です。
詳しくはこちらをご覧ください。 <よくある質問>
6引越しの業者に手付金、内金を払うことがある??
支払うことはありません。
引越し業者によっては、契約のキャンセルをさせにくくする目的で請求してくる場合がありますが、「標準引越運送約款」で請求をすることを禁止すると定められております。
詳しくはこちらをご覧ください。 <よくある質問>
7電気、ガス、水道は全て新居に入ればすぐに使えるようになっている??
電気、水道につきましては、自分で開通作業をすればつながりますが、ガスだけはガス会社の人に開栓を行ってもらいます。
詳しくはこちらをご覧ください。 <引越し準備(前日)>
8引越しの荷造りは使わないものからダンボールに詰めていき、ダンボールに詰め終わったものは一部屋にまとめておくとよい??
引越しの荷造りをスムーズに行うコツは、玄関から一番遠い部屋から、また普段使用しない物から始めることです。
詳しくはこちらをご覧ください。 <引越し荷造りに関するアドバイス>
9引越しのキャンセルについては1週間前までに申し出ればキャンセル料は発生しない??
引越しのキャンセルについては引越し約款で下記のように定められてます。

引越前日のキャンセル引越料金の10%以内
引越当日のキャンセル引越料金の20%以内

つまり、引越し日の前々日までに申し出ればキャンセル料は発生しません。
詳しくはこちらをご覧ください。 <引越しトラブル防止>
10引越しのキャンセル料は引越し約款で最大20%までと定められている??
引越しのキャンセルについては引越し約款で下記のように定められてます。

引越前日のキャンセル引越料金の10%以内
引越当日のキャンセル引越料金の20%以内

つまり、引越し日の前々日までに申し出ればキャンセル料は発生しません。
詳しくはこちらをご覧ください。 <引越しトラブル防止>
11引越しの際、荷物の破損、紛失、盗難があった場合は、3ヶ月以内に通知しなければならない??
荷物事故、紛失などの通知は3ヵ月以内に引越業者にしなければ、補償の対象になりません。
詳しくはこちらをご覧ください。 <引越しトラブル防止>
12掃除は高いところから、低いところへやっていくと良い??
せっかくきれいにした場所を汚さないために、高いところから低いところへとやっていきましょう。
詳しくはこちらをご覧ください。 <掃除に関して>
13引越しの際に出た不用品は細かくして、すべて可燃ゴミに捨ててしまえばよい??
売れるものは、ネットオークションや、バザー、フリーマーケットなどで販売してしまいましょう。
売れないものに関しては、細かくして可燃ゴミにしてしまうのではなく、廃品回収業者や各自治体に問合わせて申込みましょう。
詳しくはこちらをご覧ください。 <不用品に関して>
14引越しの挨拶は引越しが完全に終了した後に自分の家の両隣のみ挨拶をすればよい??
自分の家の両隣とお向かいへのあいさつは基本。一軒家の場合は敷地を接しているお宅と、道をはさんだお向かいの両隣三軒はまわりましょう。
マンションやアパートの場合は、同じフロアーの方だけでなく、上下階の方へのあいさつもお忘れなく。
管理人さんにも一声かけるようにしましょう。
また、町内会の取りまとめをされている役員の方のお宅にもこちらからあいさつに伺うようにしましょう。
詳しくはこちらをご覧ください。 <引越し挨拶>
15車やバイクの引越しは全て業者任せにしておけばよい??
運送に関しては業者に任せてしまっても良いですが、住所変更などの諸手続きは引越し後に自分で行う必要があります。
詳しくはこちらをご覧ください。 <車やバイクの引越し>
16ペット(盲導犬などを除く)は公共の乗り物に乗せることができない??
盲導犬や介助犬はもちろん犬は小型であれば公共の乗り物に乗せることが出来ます。
猫や小動物(猛獣・ヘビなどを除く)、鳥等も手荷物として持てる範囲のサイズであれば乗車可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。 <ペットの引越し>
17引越しのはがきは年賀状を送付する際に一緒に済ませても良い??
毎年年賀状のやりとりをしている方や、現在お世話になっている方、お仕事関係でお付き合いのある方などに対して、引越し後3ヶ月くらいまでにご報告できるように投函するようにしましょう。
※遅くても、半年以内に出すのが礼儀ですが、遅れてしまった場合は、無理に出さず、年賀状などで、「左記住所へ引っ越しました」などと、一言添えしておけば、問題ありません。
詳しくはこちらをご覧ください。 <引越しはがき>
18基本的に、重い荷物は小さいダンボール、軽くかさばる荷物は大きいダンボールに入れると良い??
基本的に、本や食器など重たいものは小さいダンボールへ、洋服や雑貨などかさばるものは大きなダンボールへ入れます。
あまり重くしすぎると、持ち上げられないだけでなく、ダンボールが破れてしまいます。
詳しくはこちらをご覧ください。 <引越しの際のダンボールって?>
19あなたの対応地区のガス会社はどこ??
こちらでご確認ください。 <電気/ガス/水道の引越し作業>
20引越し業者の種類は、大手引越し業者、中堅引越し業者、軽貨物運送業者である??
大きく分けると、引越し専門業者(大手引越し業者、中堅引越し業者、軽貨物運送業者)兼業業者(引っ越しの依頼があった場合にのみ引っ越し業務を行う運送業者)になります。
詳しくはこちらでご確認ください。 <引越し業者の種類>
21単身引越しで荷物が少なく、壊れて困る荷物もなく、なるべく引越し料金を安く済ませたい場合は大手引越し業者に引越し依頼をすると良い??
大手引越し業者ではサポートがしっかりしているため、軽貨物運輸業者や、中堅引越し業者に比べ料金が割高な場合が多いです。
荷物が少なく、サポートも必要がないような場合には、中堅引越し業者や軽貨物運輸業者を利用をされた方が、料金的にはお得な場合が多いです。
詳しくはこちらをご覧ください。 <引越し業者の選び方>