引越しはがき-引越しマスター

引越しはがき-引越しマスターについて

トップページ > 引越しはがき

友達や仕事でお世話になっている方には引越しはがきを出しましょう。
面倒に思ってしまう引越しはがきですが、そのルールを簡単に解説します。

引越しはがきの出し方って?

■引越しはがきの出す範囲は?
通常は毎年年賀状のやりとりをしている方や、現在お世話になっている方、お仕事関係でお付き合いのある方などに対して、 引越し後3ヶ月くらいまでにご報告できるように投函するようにします。

お仕事関係でお付き合いのある方などには、あまりカジュアルなハガキはおすすめできません。 その場合は「転勤挨拶状」など手作りでもいいので、お作りし、お送りすることをおすすめいたします。

「引越しはがき」の作成について、お申し込みから納品まで、かかる期間は店舗によってさまざまです。 年末などは特に年賀状などで混み合うため、よくお調べになり、余裕を持って作成しましょう。
※遅れてしまった場合は、無理に出さず、年賀状などで、「左記住所へ引っ越しました」などと、一言添えしておけば、問題ありません。

■引越しはがきはいつ頃送ればいいのか?
毎年年賀状のやりとりをしている方や、現在お世話になっている方、お仕事関係でお付き合いのある方などに対して、 引越し後3ヶ月くらいまでにご報告できるように投函するようにしましょう。
※遅くても、半年以内に出すのが礼儀です。

「引越しはがき」の作成について、お申し込みから納品までかかる期間は店舗によってさまざまです。
年末などは特に年賀状などで混み合うため、注意が必要です。 ※遅れてしまった場合は、無理に出さず、年賀状などで、「左記住所へ引っ越しました」などと、一言添えしておけば、問題ありません。

■引越し前に引越しはがきは送っていいの?
通常は毎年年賀状のやりとりをしている方や、現在お世話になっている方、お仕事関係でお付き合いのある方などに対しては、 引越し後3ヶ月くらいまでに報告できるように投函しましょう。

引越し前でも、
「●●月に引越しします」「来月引越しします」などの文面を用い、作成すれば問題はありませんが、あまりにも前もって出されるのは好ましくありません。 引越しをする前に出される場合は、引越しの約一ヶ月前後くらいから送付すると良いでしょう。

「引越しはがき」の作成について、お申し込みから納品まで、かかる期間は店舗によってさまざまです。 年末などは特に年賀状などで混み合うので、よく調べ余裕を持って作成しましょう。

※遅れてしまった場合は、無理に出さず、年賀状などで、「左記住所へ引っ越しました」などと、一言添えしておけば、問題ありません。