引越しの際のダンボールって?-引越しマスター

引越しの際のダンボールって?-引越マスターについて

トップページ > 引越しの際のダンボールって?

とりあえずダンボールに詰めればいいというものではありません。順番に詰めていかないと、取り出したりしまったり、面倒なことになりがちです。収納術を解説しましたので、参考にしてください。

引越しダンボール収納術

●その1 普段使わないものから片づける
現在は読んでいない本、使っていない食器、季節はずれの洋服など、普段使わないものは引越直前ではなく、早めにダンボールに詰めましょう。

●その2 重たいものは小さなダンボール、軽くてかさばるものは、大きなダンボールへ入れる。
基本的に、本や食器など重たいものは小さいダンボールへ、洋服や雑貨などかさばるものは大きなダンボールへ入れます。 あまり重くしすぎると、持ち上げられないだけでなく、ダンボールが破れてしまいます。

●その3 皿などの割れ物は縦に詰め、隙間を埋める。
皿などの割れ物は一枚ずつ新聞紙などでくるみ、ダンボールに縦に梱包すると割れにくいです。 また、割れ物を入れたダンボールには必ず「ワレモノ注意」と書き、隙間があかないようにエアーキャップなどを詰めて収納しましょう。

●その4 液体の入った容器は口を止め、ビニールに入れる。
調味料や洗剤などの液体が入った容器は、口の部分にラップを巻き、輪ゴムで止めて、ビニール袋へ入れた上で、ダンボールに入れます。 ダンボールには「ワレモノ注意」の表記しましょう。

●その5 何がどこに入っているかを書いておく。
荷物を詰めたダンボールにはマジックで何が入っているのか、またどの部屋に必要なものなのか(キッチン、トイレなど)書いておきましょう。 また、割れ物や引越後すぐに使うものなどもわかるようにしておきましょう。引越業者やお手伝いの人にもきちんとわかるようにしておくことがポイントです。

●その6 配線はわかるように印をつけておく
テレビやビデオ、ステレオにパソコンなど、とかく最近は配線が多くあります。 同じ色のビニールテープを巻いたり、同じ印をつけてダンボールなどにひとまとめに入れておくと、接続し直すのが簡単です。 また、すぐに使いたい家電類については、はずした配線はダンボールなどに梱包せず、別で持っていくとすぐに接続できます。

●その7 掃除用具、工具、洗面用具などすぐに使うものはひとまとめに
新居・旧居ともに引越前・後に掃除が必要になりますので、掃除用具は他の荷物とは別にしておくと便利です。 また、展開・組立が必要な家具がある場合には工具もすぐに出せるようにしておきます。
また。タオルや洗面用具、化粧品など引越の途中でもちょっと使いたくなるようなものも別にしておきましょう。

●その8 貴重品類は必ず自分で管理をする
お金・通帳・高価な貴金属類などは、荷物の中に一緒にしてはいけません。必ず自分で管理しましょう。